植毛とは、頭の頭皮に毛髪を植え込む施術法です。合成繊維で作られた毛筆を植え込む人口毛植毛と自分の髪を移植する自毛植毛の2つがあります。

人口毛植毛では合成繊維で作られた髪の毛を使います。素材はナイロンやポリエステルが使われた髪の毛です。人工毛植毛では植え込む髪の長さや量を自分の自由に決めることができてイメージ通りのヘアスタイルを実現することが出来ます。

一回の施術で終わることが出来ますが、ただ人工毛植毛は体の頭皮に異物を埋め込むためトラブルが起こるというデメリットがあります。

体には免疫機能があり異物が入ると外に追い出そうとするので植毛した髪の毛が抜けやすくなります。そのため年に1~2回メンテナンスをしなければ髪のボリュウムを維持できなくなります。

デメリットとしてもう一点、植毛した髪の毛が付け根の所で切れてしまった時に頭皮の中に人口植毛が残ってしまい、そこに細菌感染を引き起こして化膿や炎症を引き起こすとひどい時には植毛を行った周辺の髪の毛が生えてこなくなってしまう場合があるます。

アメリカは植毛先進国です。この国では人口毛植毛は法律で禁止されています。

もう一つの植毛法として自毛植毛という方法があり自毛植毛は男性の薄毛になる原因として、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンと毛乳細胞にある男性ホルモン受容体が結合することで起こるのですが後頭部と側頭部には、この男性ホルモン受容体が存在しません。

そのために抜けにくい性質を持っている後頭部や側頭部の髪を頭皮ごと採取して移植していく方法が自毛植毛です。移植した髪が定着すると、ほぼ生涯にわたって髪が生え続き、抜けたとしても自然なサイクルで、また生えてきます。

そのため自毛植毛の場合は自分自身の髪の毛を移植するので免疫機能が追い出すという事はありませんし一度定着してしまえば、メンテナンスをする必要がありません。自分の髪を移植するので既存の髪と質感は変わらず自然な仕上がりになります。

移植した髪は一旦抜け落ちて施術後3カ月~4カ月した後に産毛として再び生えてくるため自毛植毛の効果を実感できるのは10カ月~1年位で効果が現れるようです。

一度に植毛できる髪の量も限界がある為、広範囲に渡る場合や髪の密度を増やしたいという方は何度か繰り返し手術を受ける必要があります。

自毛植毛は様々な種類がありその中で現在主流となっている、FUT法・FUE法がありその施術を紹介していきます。

毛包単位の事をFUといいますが、FUT法は頭皮をメスで帯状に切り取った後に顕微鏡で見ながら毛包単位に株分けして、薄毛が気になる部分に植え込んでいく方法です。

もう一つのFUE法はメスを使わないで、直径1ミリ以下のパンチを使って毛包単位ごと頭皮をくり抜くので大きな傷跡が残りません、株分けする必要かないため直接植毛することが出来ます。

このような方法で植毛は行われています自毛植毛は時間が多少かかりますがデメリットが少ないのがいい所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です