【頭頂部のみ薄毛 33歳】

薄毛で一番困ることは、やはり印象が悪いという事です。どうしても弱々しいイメージを与えるので、実際のそうでなくても自信がなさそうとかエネルギーがなさそうという印象を持たれてしまいます。また、家族には毛が薄くなってきた事に対してカッコ悪いとか育毛したほうがいいよなどと弄られますが、やはり気分は良くありません。そのような状況が続くと自分自身の容姿に対する自信が徐々に失せ、人前で堂々と話をする事が怖くなってきます。恋人欲しかった若い頃は、髪の毛をいつも気にしていました。相手の目線が髪の毛に行くのを見ると、やっぱり薄毛を気にしているんだなという気分になり、いつもビクビクしながら相手が気にしているか様子を探っていました。そんな自信のない姿は女性にとっても頼り甲斐がなく見えており、なかなかアプローチは成功しませんでした。

不安要素が取り除かれる事により何よりも自信を失う大きな要素が無くなります。写真を撮られる時も髪を意識しなくてもいいし、人前で話をするときにも相手の髪に対する目線を意識しなくても良くなります。また、自分に合うカッコいい髪型を探すこともでき、全身を自分の好きな姿にカスタマイズできます。前向きな自己改革ができるので自信もつくし、人生に対て積極的になれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です